2014年01月 のアーカイブ

今後の健康保険制度について

先日、保険会社主催のセミナーに出席してきました。

テーマは「今後の日本の社会保障制度について」でしたが、

セミナーの中で非常に印象深かったのが、今後の日本の健康保険制度についてです。

皆さんご存知のとおり、日本は過去どこの国も経験したことのないペースで高齢化が

進んでいます。

この事は、現在の健康保険制度の変更(行き詰まり)に直結するわけですが、

当然ながら今より制度が良くなることは想定しづらい訳です。

では、どう変わっていくのか(セミナーで聞いたことをそのまま書きます)

 

①保険料の値上がり(会社員の社会保険は現在でも毎年少しずつ上がり続けています)

②自己負担が上がる(これは色々なことが想定されます。例えば3割負担が4割負担になる。

または高額療養費の自己負担割合があがる等)

③入院の短期化(今もかなり短くなりましたが、今後は大半の方が最期を自宅で向かえるようになるようです)

④健康保険対象外治療の増加(ips細胞治療などは、費用があまりにも高額なため健康保険の対象に

なることは考えにくいようです)

 

上記予測を見ても10年後の日本の医療環境は、今と相当違ってくると思いますし、

保険会社の医療保険も相当変わっていると思います。

これは、あくまで未来予想なので誰も分かりませんが、今はベスト医療保険でも、将来見直しの

可能性があり得るということです。

こう考えると、私たちがご契約者様にご提供しているサポート体制が、今後より一層重要に

なってくるな~と身が引き締まりました。

当社のご契約者様サポート体制は下記URLでご覧いただけます。

http://www.hokenterminal.com/support/

 

 

 

 

 

保険用語集ページを追加しました

当社ホームページ上に保険用語集ページを追加しました。

TOPページ画面右側の「保険えらびのコツ」の下にバナーがございます。

 

今回このページを追加したのは、店頭に置いてあるパンフレットを持ち帰っても、

中に書いてある保険用語が分からないbearing

という方が結構いらっしゃるのではないかな~と思い、

そんな時に、ぜひこの「保険用語集」をご活用いただければということで

ページを追加いたしました。

皆さま、ぜひご活用くださいsign03

 

 

早期発見がやっぱり大切です

昨日、アルツハイマー病を食い止めろ!というTV番組が放送されました。

認知症に占める割合がおよそ7割と最も高く、近年発症者が急増しているアルツハイマー病。

見知っている方も多いと思いますが、完治する薬は未だありません。

 

番組では、アルツハイマー病の進行を食い止め予防する「予防的治療」や、

既に症状が出始めている場合でも、進行を食い止める新薬の開発が進んできていることを

紹介していました。

さらに運動不足や睡眠不足の解消が意外な効果を発揮することも分かってきていて、

少し、目先が明るくなったような感じがしています。

 

ただ、自分がアルツハイマーになるかもしれない、と検査をしてみなければ、予防療法も出来ません。

何よりも大切なのはやっぱり事前に検査していくことです。

遺伝子の検査や、脳の検査でも診断ができることが多いようです。

(症状がない状態での検診は保険がきかないのがネックですが・・・)

毎年受けなくとも、5年に1度位は受けておくといいのかもしれませんね。

 

 

 

 

がん治療の進化

新年そうそうがんについて考えさせられることがありまして、

落ち込んでいたところ、がん治療について特集されていた番組をみる機会があり、

日々進化している治療方法を知り、がんへ向き合うときの参考になりましたので

ここで少しお伝えしたいと思います。

 

がん治療というと、まずがん細胞の切除が思い浮かぶかと思いますが、

凍結療法という治療があります。患部に直接針で凍結してそのまま体内に留めておくだけなので、

局部の麻酔と針を刺すために一部を切ればいいだけです。

凍結療法は肝臓がん、腎臓がん、乳がん、肺がんと治療できるそうです。

腎臓がんの凍結療法には保険の適応もあるそうです。

 

次に思い浮かぶのが、放射線治療かと思いますが、こちらも凄いです。

サイバーナイフという治療ですが、患部に金属マークを入れて麻酔なしで放射し

日帰りでオッケーです。治療対象が動かない首から上だけだったのが、

肺、肝臓と動いている臓器に対して患部にだけ放射できることです。

 

これだけ治療方法が進化していると、どんな治療が有効なのか?

あきらめることは次で、患者さんもその家族の方も積極的に調べ、相談していくことが

肝心ですね。あきらめないでほしいものです。

 

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

本年も、お客様の家庭環境、生活環境にあったオーダーメードの保険提案と

全契約期間を通じたお客様サポートを実践すべく、社員一同努力してまいりますので、

変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

 

プロフィール

株式会社アンビシャスが運営する保険サービスショップです
≫ 保険ターミナルホームページ

■保険ターミナルJR小岩店
東京都江戸川区西小岩1-24-3
TEL:0120-11-2287
FAX:03-3671-8098

生命保険見直しは「保険ターミナル」にご相談ください。来店保険相談、メール保険相談、出張保険相談3つの窓口でご相談を承ります。

カレンダー
2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031