保険請求の簡素化について

最近は、入院時の保険請求が昔に比べると随分と簡素化されました。

と言っても、頻繁に請求手続きをするわけではないので一体どう簡素化されたのか

分からないですよね。。。

そこで、今回は入院時の請求手続きを昔と今比較してご説明したいと思います。

 

(昔)

入院した場合はお医者さんの診断書が必要

(今)

入院日数や手術内容にもよりますが、領収証と診療報酬明細があれば診断書は不要

(簡素化による契約者のメリット)

・5,000円から10,000円くらいする診断書代がかからない

・入院給付金が早く受け取れる

 

請求の運用ルールは保険会社によって異なりますが、どこの会社も出来るだけ簡単に請求

ができるように改善しているようですhappy01

 

糖尿病の人は認知症になりやすい!

全国の糖尿病患者は約950万人とも言われています。

周りを見渡しても「糖尿病」「糖尿病予備軍」は珍しくありませんね。

糖尿病の人は認知症になりやすく、認知症になると糖尿病が悪化しやすくなるので

注意が必要だというデータが日本糖尿病学会年次学術集会より発表されました。

糖尿病のある人では、そうでない人に比べてアルツハイマー病や血管性認知症の発病リスクが

2~4倍に上昇するそうです。

 

親に患ってほしくない病気ランキングでは、認知症が1位。続いて、2位がん、3位脳卒中という

調査結果もでています。

がんをおさえて、1位が認知症というこの結果に同感です。自分の親もそうですし、自分自身が認知症

になるのもできることなら避けたいですよね。

さまざまな治療法が盛んに研究されているところではありますが、少しでも認知症リスクを抑えるために

まずは、基本的な、食事・運動に気をつけ、お薬を活用し、糖尿病を悪化させないよう上手につきあって

いきたいですね。

 

 

 

平成元年の100歳以上人口

いよいよ平成も残すところあと4日です。

ここ1、2ヶ月は平成を振返るテレビ番組が目白押しでしたね~

バブル崩壊、多くの自然災害など忘れられない出来事が数多くありましたが、

高齢化が爆発的に進んだのも平成でした。

皆さんは、平成元年時点で100歳以上の人口がどれ位いたと思いますか?

ちなみに、現在は約7万人の方が100歳以上です。

さぁ、どれくらいでしょうか??

なんと、3千人しかいなかったんです。

この数値からも、平成がどれだけ高速に高齢化が進んだかが分かります。

令和は、更に高齢化が進むことははっきりしています。

令和前半は、高齢化社会と向き合いながら皆でより良い社会システムを見つけ出す

時代になりそうですね

 

 

国土交通省 自転車保険の義務化見送り

国土交通省は、自転車保険の加入義務付けを検討していましたが、制度作りは非常に困難

という結論にいたり、一律の義務化は見送られました。

この事からも分かるように、最近は自転車事故が大事になるケースが多いのです。

私が子供の頃は、自転車でぶつかってもゴメンナサイで済んでいたように思いますが、

最近は電気自転車に代表されるように自転車の性能も上がりスピードが出ますから、

大事故になるケースも多いのでしょうね。

自転車保険は、それ程高いものではないのではないのでお子様のいるご家庭は、

特に加入しておいた方がよいと思います。

賠償金補償も大事ですが、被害者への示談交渉を保険会社がやってくれるのが大きな

メリットです。

当事者同士で示談交渉を成立させるのは、精神的ストレスが大きすぎますので、

専門家に任せるに限ります。

 

 

桜はデリケート

お花見の季節がやってきました。

桜は日本を代表する美しい花で、近年では外国人のお花見客もとても多くなっています。

ただ桜は美しいが故にとてもデリケートなお花なんだそうです。

 

注意点としては

cherryblossom決してお花に触ってはいけない

桜はとてもデリケートなのでほんの少しの刺激にも弱く枯れてしまいます。

(枝を折るなど論外。そこから腐ってしまいます)

cherryblossom木や枝の上に物を乗せない

最近はインスタ映えの為にフィギュアやぬいぐるみを乗せて

写真を撮る人がいるようです

cherryblossom花を摘んではいけない

理由は上記と同じです

cherryblossom木によりかかってはいけない

これはついやってしまう人もいるかもしれません

cherryblossom根本にレジャーシートを敷かない

根本を踏み固めると呼吸ができなくなって枯れてしまう可能性があります

cherryblossom木の近くで残ったドリンクを流さない

木の根が吸収してそれが原因で枯れてしまうこともあります

 

たくさんありますが、意外と知られていない事が多いですね。

私も知りませんでした。

毎年美しい桜を楽しむ為にこれらの事に気を付けて、更にまわりの人々にも周知していきたいですね。

看板等で注意をしている公園もあるようですが、まだまだ知らない人も多いでしょう。

少しでも多くの人が何十年後もお花見を楽しめるように、私達ひとりひとりが桜を大切にしていくという

意識を持っていく事が重要ですね。

 

 

 

プロフィール

株式会社アンビシャスが運営する保険サービスショップです
≫ 保険ターミナルホームページ

■保険ターミナルJR小岩店
東京都江戸川区西小岩1-24-3
TEL:0120-11-2287
FAX:03-3671-8098

生命保険見直しは「保険ターミナル」にご相談ください。来店保険相談、メール保険相談、出張保険相談3つの窓口でご相談を承ります。

カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031