保険用語集

HOME保険用語集
保険に関する専門用語を、わかりやすく解説いたします。

あ行

一時払 (いちじばらい)

契約時に保険期間全体の保険料を 1 回で払い込む方法です。

受取人 (うけとりにん)

保険金・給付金・年金などを受け取る人。

か行

解除 (かいじょ)

保険期間の途中で、生命保険会社の意思表示で保険契約を消滅させること。保険約款では告知義務違反などによる解除権が定められています。

解約 (かいやく)

将来に向かって保険契約を解消することです。解約によって契約は消滅し、以降の保障はなくなります。解約は、契約者の意思で、いつでも自由にできます。

解約返戻金 (かいやくへんれいきん)

保険契約が解約された場合、保険契約者に払い戻す金額。生命保険会社によっては、解約払戻金などともいいます。

給付金 (きゅふきん)

被保険者が入院したとき、手術をしたときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金。

クーリング・オフ (くーりんぐ・おふ)

生命保険には、いったん申込んだ後でも申込みを撤回することができる「クーリング・オフ制度」があります。一般的にクーリング・オフに関する書面を受け取った日または申込日のいずれか遅い日を含めて 8 日以内であれば申込みを撤回でき、保険料は返金されます。生命保険会社や商品によっては 9 日以上の期間を設けたり、「申込日からその日を含めて 8 日以内」などの取り扱いもあります。

契約日 (けいやくび)

保険期間の起算日であり、保険料の払い込みや満期日の基準となる日。

契約者 (けいやくしゃ)

生命保険会社と保険契約を結び、契約上のさまざまな権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料の支払義務)を持つ人。

契約者貸付 (けいやくしゃかしつけ)

契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で、貸し付けを受けることができます。一般的に、契約者貸付を受けている間も、保障は変わりなく継続し、配当金を受け取る権利も継続します。ただし、保険種類などによっては、利用できない場合があります。

告知義務 (こくちぎむ)

生命保険は、多数の人々が保険料を出しあって、相互に保障しあう制度です。初めから健康状態の良くない人や危険度の高い職業に従事している人などが無条件に契約しますと、保険料負担の公平性が保たれなくなります。
したがって契約にあたって契約者または被保険者は、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、職業などについて、告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に、事実をありのまま告げる義務(告知義務)があります。

さ行

失効 (しっこう)

生命保険契約を有効に継続させるためには、払込方法に応じた期日までに継続的に保険料を払い込む必要があります。保険料の払い込みが遅れて、払込猶予期間が経過すると、自動振替貸付が適用されるか、そのまま契約が失効するかのいずれかになります。失効すると契約は効力がなくなりますので、万一の場合、保険金などが受け取れないことになります。

指定代理請求制度 (していだいりせいきゅうせいど)

指定代理請求制度とは、被保険者本人に「特別な事情 1」がある場合、契約者があらかじめ指定した代理人が被保険者に代わって、保険金等を請求できる制度です。代理人を指定する際に、契約者は被保険者の同意を得る必要があります。

自動振替貸付 (じどうふりかえかしつけ)

解約返戻金の範囲内で、保険料を自動的に生命保険会社が立て替え、契約を有効に継続させる制度です。保険種類などによっては自動振替貸付が適用されない場合があります。

責任開始期 (せきにんかいしき)

生命保険会社が契約上の責任を開始する時期を責任開始期といいます。申込書に署名押印した後、生命保険会社が契約を承諾した場合には(1)告知あるいは診査、(2)第 1 回保険料充当金の払い込み、のいずれか遅い時から契約上の責任が開始します。

ソルベンシーマージン比率 (そるべんしーまーじんひりつ)

ソルベンシー・マージンとは「支払余力」という意味です。生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているため、通常予測できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、大災害や株の大暴落など、予想しない出来事が起こる場合があります。このような「通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つが「ソルベンシー・マージン比率」です。この比率が 200%を下回った場合、監督当局(金融庁長官)によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。

た行

転換制度 (てんかんせいど)

現在の契約を活用して、新たな保険を契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を「転換(下取り)価格」として新しい契約の一部にあてる方法で、元の契約は消滅します。

は行

配当金 (はいとうきん)

保険料は 3 つの予定率(予定死亡率、予定利率、予定事業比率)をもとに算出していますが、実際には予定したとおりの死亡者数、運用利回り、事業費になるとは限りません。予定と実際との差によって剰余金が生じた場合に、剰余金の還元として契約者に分配されるお金のことを配当金といいます。

被保険者 (ひほけんしゃ)

その人の生死・病気・ケガなどが保険の対象となっている人。

復活 (ふっかつ)

契約が失効した場合、3年など一定期間内であれば、契約をもとに戻すことが出来ます。これを復活といいます。復活に際しては、診査または告知と失効期間中の保険料の払い込みが必要で、生命保険会社によっては所定の利息(複利)の払い込みも必要となります。

保険金 (ほけんきん)

被保険者が死亡・高度障害状態のとき、または満期まで生存したときに生命保険会社から受取人に支払われるお金。なお、通常、保険金が支払われると保険契約は消滅します。

保険証券 (ほけんしょうけん)

保険契約の成立および契約内容を証するために、生命保険会社から保険契約者に交付される文書。

保険料 (ほけんりょう)

契約者が生命保険会社に払い込むお金(掛金)。

ま行

免責自由 (めんせきじゆう)

保険事故に対して保険会社は保険金などを支払う義務がありますが、例外としてその義務を免れる特定の事由です。

や行

約款 (やっかん)

契約時に発行される契約内容や保険商品についての重要事項が記載されている冊子やCD。

予定事業費率 (よていじぎょうひりつ)

生命保険会社は契約の締結・保険料の収納・契約の維持管理などの事業運営に必要な諸経費をあらかじめ見込んでいます。これを予定事業費率といいます。

予定死亡率 (よていしぼうりつ)

過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測し、将来の保険金などの支払いにあてるための必要額を算出します。算出の際に用いられる死亡率を予定死亡率といいます。

予定利率 (よていりりつ)

生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いています。その割引率を予定利率といいます。

ら行

リビングニーズ特約 (りびんぐにーずとくやく)

原因にかかわらず余命 6 か月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部を生前に受け取れます。※この特約の保険料は必要ありません。

保険ターミナルJR小岩店
東京都 江戸川区 西小岩1-24-3
TEL
0120-11-2287
FAX
03-3671-8098
営業時間
10時~19時
定休日
第2日曜日・年末年始
駐車場
:あり

イトーヨーカドー駐車場をご利用ください

店舗アクセスMAP

ページトップへ