保険ターミナルJR小岩店 Archive

公的介護保険と民間介護保険の違い

ここ数回にわたり介護についてブログをあげてきましたが、

今回は私の専門分野である保険会社の提供する介護保険についてブログを

書きたいと思います。

まずは、公的介護保険と保険会社の介護保険(以降、民間介護保険とします)の

違いについて触れてみます。

すごく分かりやすく言うと、公的介護保険で受けられるのはサービス、

民間介護保険で受け取れるのはおカネとなります。

そして、民間の介護保険は、公的介護保険で受けたサービスの利用料金に

保険金を充当するイメージで制度設計されているものが大半です。

では、民間の介護保険に入った方がいいのか?

はいった方がいいと思います。

生命保険の募集人である私が言うと少々説得力がないかもしれませんが、

その理由は結構明確で、介護期間はどれくらい長くなるか読めないものです、

これは言い換えると出費がいつまで続くか分からないということです。

金額が分からないリスクに全て預金で対策を立てるのは無理なので、

保険を使った方が効率的ということです。

介護費用のすべてを保険でカバーする必要はないのです、そのうちの半分でも

3分の1でも保険でカバーできれば家族の負担が随分と和らぐはずです。

地域包括支援センターについて

今日、認知症セミナーを受講したのですが、

そこではじめて地域包括支援センターのことを知りました。                         

地域包括支援センターとは、ケアマネジャー・社会福祉士などの

専門家が、無料で介護に関するあらゆる相談にのってくれる

介護の相談窓口です。

しかも地域密着が特長なので、ネットで検索すれば皆さんの

お住いの近くにも必ずあると思います。

ちなみに、私たちの店舗がある江戸川区小岩でなんと6か所も

ありました。

こうした窓口が自分の生活圏にあればすごく安心だと思うと同時に

高齢化社会に対して様々な対策が採られているいるのだなー

と感じました。

老健とは

今回のブログは介護老人保健施設、通称「老健」について学んだことを書いていきます。

老健という名称から病院兼介護施設のようなイメージを持っていましたが、

調べてみると、老健は入居型の介護施設でした。

ですから、広義には特養、有料老人ホーム、グループホームと同じ種類と言えます。

ただ、前述3施設と老健の大きな違いと感じたのが入居期間です。

3施設は入居期間が終身なのに対して、老健は3か月~6か月が目安となっています。

これは、老健の役割が、「リハビリをして在宅復帰を目指す場」と聞くと、納得です。

入居の基準は、特養やグループホームに比べると緩やかで

1ヶ月の費用は、特養、グループホームとそれ程変わらないようです。

今回あらためて感じたのは、入居型の介護施設って結構たくさんあるんだということ。

特養と有料老人ホームしかないと思っていた私には、ちょっとした驚きでした。

グループホームってどんな施設?

介護のことを調べていると、知らないことが次々とでてきます。

グループホームというワードはこれまでも耳にすることがありましたが、

そもそもどんな施設なのか? 

通所型なのか?、入居型なのか?

それすら分かっていませんでした。

調べてみると、

グループホームは、特養や有料老人ホームと同じ最期まで居られる入居型

の施設でした。

ただ、両施設とは入居基準が異なるようです(以下のとおり)

・医師に認知症の診断をうけている

・要支援2または要介護1以上

・施設と同一の市区町村に住民票がある

認知症に限定されるものの、特養よりは低い介護状態でも入居でき、

毎月の費用は有料老人ホームよりも安い(特養と同じくらい)

そんな印象でわたしは捉えました。

いままで、終身の入居型施設は特養と有料老人ホームしかないと思っていたの

で、もし親や自分が介護状態なったとき、どうなるんだろうと言う漠然とした

不安がありましたが、グループホームのことを知ってすこし安心しました。

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

皆さんは特養(特別養護老人ホーム)と有料(有料老人ホーム)の違いって

分かりますか?

私は、漠然と理解しているけど、人に説明できない。そんな感じでした。

でも、専門家にインタビューしてその違いがクリアーになりましたので

共有させていただきます。

特養と有料の違いを学校に例えると分かりやすくなります。

特別養護老人ホーム=公立中学校

有料老人ホーム=私立中学校

これまで特養と有料では提供されるサービスが違うのかな?と思ってましたが、

学校であれば公立も、私立も基本的なカリュキュラムは変わらないですよね、

介護施設も同じで、提供される基本的なサービスは特養も有料も変わらない

ということです。

えっ、では何が違うの?となりますが、

有料老人ホームの方がお値段が高いので、総じて設備が豪華(高級)というのが

わかりやすい所です。

でも、いちばんの違いは入居基準だと思います。特養は要介護3以上でないと

入居できませんが、有料老人ホームは要支援や要介護1でも入居できる、

これが費用の差となって表れている気がします。

特養と有料ではサービス面で色々な違いがあると思っていただけに、

入居してしまえばそれ程大きな差がないことを知り今回驚きました。

プロフィール

株式会社アンビシャスが運営する保険サービスショップです
≫ 保険ターミナルホームページ

■保険ターミナルJR小岩店
東京都江戸川区西小岩1-24-3
TEL:0120-11-2287
FAX:03-3671-8098

生命保険見直しは「保険ターミナル」にご相談ください。来店保険相談、メール保険相談、出張保険相談3つの窓口でご相談を承ります。

カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031